スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族旅行 中欧五カ国周遊10日間 その⑦-1

その⑦-1

長い1日を ブダペストで過ごしました。

ブダペストから チェコ(モラヴィア地方)への移動からはじまります


道路に看板があり 興味深くみました。

看板① 7・26

ホテル 8時出発~ 6時間ドライブ~チェコ(テルチ)まで 午後2時到着予定です。
さすがに 途中2度ほどのトイレ休憩

バスから見る景色は のんびり 静かに続く丘です。

ドライブ中景色① 7・26
ドライブ景色② 7・26


テルチ到着です。

もうテルチカナ?

テルチ近① 7・26


十字架をもった像があります。
誰でしょう?

テルチ像 7・26


それからしばらく歩くと 湖?池? まったりとした午後の様子です。
テルチの町は三つの池(シュチェプニッキー池、ウリツキー池、スタロムニェスツキー池)に
囲まれた天然の要塞となっているそうです。


   シュチェプニッキー池
テルチ湖畔① 7・26
テルチ湖畔② 7・26

この建物のトンネル(ドルにー門)をくぐると テルチ歴史地区・ユネスコ世界遺産です。

テルチ入口① 7・26


城と、良質の保存がなされているルネサンス様式の長い中心地が含まれる
ということで1992年ユネスコ世界遺産に登録されています。


レストラン到着です。
かなり 遅い昼食となりました。


テルチ昼食レストラン 7・26

昼食・スープ
テルチ昼食③ 7・26
テルチ昼食② 7・26

あと これにデザート,付き ビールはオーダーです。
美味しかった!
私的 スープも魚料理もとても口に合いました。

さあ お腹も一杯になったところで 観光です。
この町の起源は12世紀頃かららしいですが、14世紀に優雅なルネッサンス風の町に発展し
領主ザハリアーシュが、1530年の大火で全焼した町を
ルネッサンス様式および初期バロック様式で建て直させたようです。


ザハリアーシュ広場


この可愛い建物風景がひろがります。
ルネッサンス、初期バロック様式のカラフルな建物。
 模様はスグラフィット方式で描かれています。


テルチ歴史地区① 7・26
テルチ歴史地区③ 7・26
テルチ歴史地区④ 7・26

中央のマリア柱像は 18世紀はじめのペスト終焉記念で建てられたものです。
 
 イエズス教会の双塔、聖ヤコブ教会
テルチ歴史地区② 7・26

脇道があったので 行ってみると~

石畳と建物が~ のどか~

テルチ路地① 7・26
テルチ路地② 7・26

ウリッキー池があり ウリッキー橋がかかっています。
ここからは 教会やテルチ城がみられます。


テルチ歴史地区⑦ 7・26
テルチ歴史地区⑤ 7・26
テルチ歴史地区⑥ 7・26

ここは きれいなところでした。
残念ながら テルチ城は 散策時間1時間では まわることが出来ませんでした。
というか テルチ城はとばして脇道に向かったからです。

娘写真から メルヘンチックな建物のある 広場から
テルチ歴史地区⑧ 7・26


   テルチでも アイビーゼラニューム

テルチお花① 7・26

テルチからプラハに向かいます。
 150kmを2時間30分かけての移動です。

ホテル プラハ(クラリオン コングレス)に2泊します。

この後 夕食と散策に~

    その⑦-2に続く





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。