スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族旅行中欧五カ国周遊10日間 その④-2

     その④-2


     まだまだ ウィーンです。

     写真の確認で きづきました。

     午前中は シェーンブルン宮殿は 行きました。

     でも 新王宮は バスからの見学だったかも~

     ウィーン歴史地区のシュテファン寺院は外見だけの見学で 自由行動のあとに

     その時の歴史地区の様子

     ウィーン歴史地区②-1 7・23
     ウィーン歴史地区①-1 7・23

     すごい人でした。

     午後2時から

     オプショナルツアー


     ウィーンの森とバーデン観光を申し込んでいたので参加しました。

     マイヤーリングの皇太子別荘=狩猟の館

     エリザベート皇后のたった一人の息子:ルドルフ皇太子は、
     1889年、ウィーンの南30kmのウィーンの森マイヤーリンクにある
     「皇太子別荘=狩猟の館」で、男爵夫人マリーと共に自殺します。時に皇太子30歳
     、マリーは17歳でした。これが後に映画にもなった「うたかたの恋」の一幕で
     、ミュージカル「エリザベート」でも皇太子がピストル自殺するシーンが出てきます

     日本でも 演劇の題材として上演されているようですが わたしは 知りませんでした。

     今は 狩猟の館は 修道院に改装されています。

     マイヤーリンク修道院②-1 7・23
     マイヤーリンク修道院①-1 7・23
     マイヤーリンク修道院③-1 7・23

     もと別荘地ということもあって 素敵な場所です。
     まわりには ブドウ畑,牧草地 ウィーンから 1時間くらいの場所です?

     中は どうしても お棺などが置いてあったり この場所のことを聞いて
     ちょっと怖かったです。
     事実はわかりませんのでミステリアスな感じがしました。

     ウィーンの森はベートーヴェンが交響曲“田園”の楽想を得たといわれる場所が
     あったりと そんなイメージがわかるような きれいな景色です。

     バーデン観光です。

     古代ローマ帝国時代に発見された硫黄温泉で 今でも使われています。

     バーデン入口から少しのところに 青空市場がありました。
     買って帰りたいが ダメですね!

     バーデン青空市場①-1 7・23

     と思っている間もなく 添乗員さん ”待って~”
     おいていかれますね。!

     バーデンの街


     ハプスブルグ時代に王家の夏の保養所として栄え
     、モーツァルトやベートーベンなどの音楽家達にもりようされていたようです。
     

     バーデン街①‐1 7・23

     ベートーベンハウス
     バーデン・ベートーベンハウス①ー1 7・23

     市庁舎広場前 三位一体の像(ペスト記念柱)
     バーデン街②‐1 7・23

     この街 お花もきれい

     これ誰・?

     バーデン公園①-1 7・23
     
     コリウスの寄せ植え

     バーデンお花 コリウス 7・23 (2)

     地植えのエキナセア

     バーデンお花-1エキナセア 7・23


     残念ながら 温泉は見れませんでした。
     いや 入れませんでした。
     こちらは 当然 水着を着てはいるプールみたいな温泉です。

     これからまた 1時間くらいでウィーンに戻ります。

     ウィーンで また 自由行動です。

     とくに行く所は考えておらず(月曜日は美術館 博物館など休み)なので
     自然史博物館にマリーアントハネットの飼っていた ワンコ(パピヨンの剥製)
     があると情報を得たので 行きたかったが 建物の外見だけのぞき~

     結局は 新王宮~王宮~抜けて 待ち合わせ場所に!

     再び 新王宮
     新王宮②-1 7・23

     王宮と中庭 (フランツ2世像)です。
     最後の神聖ローマ皇帝でマリア・テレジアの孫、
     マリー・アントワネットの甥にあたります。



     広場と王宮①‐1 7・23
   
     王宮

     王宮②-1 7・23

     そして

     王宮③-1 7・23
     王宮④-1 7・23
     王宮⑤‐1 7・23


     ホーフブルク王宮は、1918年までハプスブルク家歴代の神聖ローマ皇帝
     またはオーストリア皇帝の居城でした。もともとは中世に建てられた城で
     、長年にわたってハプスブルク家の強大化と領土の拡大に伴って拡張されました。


     とてもきれいです。

     食事をして ホテルについたのは 8時30分

     まだ 明るいので 時間の感覚がなくなりますね。

        
      
          

     
     
      

     

     

     

     
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。