スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘と 山手西洋館巡り

     横浜観光したいという娘と 「山手西洋館」巡りをすることに!

     前日の飲みすぎがたたり 二日酔い気味

     どうにか ホテルを出るころには 元気になりました。

     横浜駅」からは JR根岸線利用 「石川町」駅下車 イタリア山庭園

     めざします。

     私は 3度目の訪問それでも また楽しみですね!

     元町口から 大丸谷坂を登り イタリア庭園到着 


     「プラグ18番館」

     2・18プラグ18番館1

     大正末期に建てられた外国人住宅で のち カトリック山手教会司祭館として
     使われていたものを 平成5年 このイタリア山庭園に移築されてたそうです。

     ここの照明素敵なんですよね。

     お気に入りの場所
     2・18ブラフ18番館2

     こんなところで まったりしたい~!

     ここを出て イタリア庭園 左手に外交官の家を観ながら

     2・18外交官の家2


     左手に 待望の富士山発見

     2・18庭園から富士山

     お天気が良いので 富士山 とってもきれいでした。

     凄くすごく得した感じでした。

     2・18外交官の家


     庭園をあとに山本通り進むと 山手カトリック教会

     2・18山手カトリック教会


     この日 気温は低かったですが 澄みわたった空をみながら歩く山手
     寒さなんて感じませんし いつの間にか 二日酔いもどこかへ
     行ってしまいましたね。

     フェリス女学園通過~ 元町公園

     ベーリックホール

     2・18ベーリック・ホール

     イギリス人貿易商ベーリック氏の邸宅
     お花のシーズンでなくて残念です。
     庭先には バラが沢山 植えられており より建物を引き立てています。

     ちょっとお気に入り(玄関

     2・18ベーリック・ホール玄関

     木陰になってる エリスマン邸

     218エリスマン邸

     
     
     エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した
    、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として
    、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。
     設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド

     これも平成2年に 山手から元町公園に移築移転されたそうです。

     今回 山手234番館は工事の為 全館シートがかけられていました。
     残念でした。

     このあと外人墓地を横目にみながら 港の見える丘公園めざします。

     公園は通り過ぎて 横浜市イギリス館

     2・18横浜市 イギリス館

     そのあとは 山手111番館

     その後は 娘も疲れたのでしょう

     谷戸坂を下り 東急みなとみらい線「横浜 中華街」駅より 帰宅です。

        娘は その夜 ミーシャコンサートに出かけて行きました。

        若い人は元気だ~

     私は 無事 娘孝行を終え 一休みでした。

     

     


     
                    

     

     
スポンサーサイト
コメント

いいな~いいな~

横浜・神戸・函館・小樽♪

京都にもレトロモダンな建物が色々残っていますが、散らばっているので少しずつ訪れようと思っています。

でも、今リストにUPしているのは武家屋敷「京都清宗根付館」と島原の角家ですが。(^^;

みゆき1231さんへ

歴史あるところには 素晴らしい建物が残っていますね。
横浜はとくに 洋館の規模が・・違ううえに 規模が違うのを感じました。
京都も 和・洋 素晴らしい建物が多いですね。
沢山まわって また紹介してくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。