スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン③-3 セビーリャ~コルトバ


     ③-3

     セビーリャをあとに コルトバに向かいます。

     セビーリャ,マラガに次ぐアンダルシアの第三の都市 
     グアダルキビル川の右岸にあります。


     コルトバは イスラム時代(8世紀中ごろ),後ウマイヤ朝の時代に
     首都として 栄えた 古都コルトバです。


     バスから コルトバの大聖堂を見ることができました。
     コルトバ バスから景色① 2016 3・26

     街に入ると ローマ橋が・・
     コルトバ バスからの景色② 2016 3・26

     昼食です。
     「ALMUDA」
     ALMUDAINA 昼食① 2016 3・26
     
     サラダ タパス料理盛り合わせ プリン
     ALMU昼食② 2016 3・26
     ALMU昼食③ 2016 3・26
     ALMU昼食④ 2016 3・26

     ここは お店もきれいだし 美味しかった。
     店内のステンドがきれい
     AKMU昼食⑤ 2016 3・26

     ユダヤ人街を通って メスキータに向かいます。
     メスキータに① 2016 3・26
     オレンジの庭に面した回廊の天井は 修復され もとの天井板は
     かざられていました。
     
メスキータ① 修復天井 2016③26 

     閉ざされた門のところを通ります。
     メスキータ③ 閉ざされた門 2016 3・26
     もう  「アルミナール」と呼ばれるミヌレット(鐘楼)が見えています。    
     メスキータ② ミナレット2016 3・26
     
     メスキータの中へ入ります。
     「円柱の森」と呼ばれているところです。
     メスキータ④ 円柱の森 2016 3・26

     イスラム時代の祈りの空間です。
     赤と白の二重I石の組み合わせ それを支える柱850本
     拡張とともに 増えていったそうです。
     天井もすごいです。
     メスキータ⑥ 天井 2016 3・26


     カテドラルの中にむかいます
     メスキータ⑤入口 2016 3・26
     メスキータ⑦ 2016 3・26

     床・・・天井
     メスキータ⑧ 床 2016 3・26
     メスキータ⑨ 2016 3・26

     円柱の森 天井
     メスキータ⑩ 天井 2016 3・26

     マクスラとミフラーブ
     メスキータ⑫ マクスラトミフラーブ 2016 3・26
     メスキータ⑬ マクスラトミフラーブ 2016 3・26
 
     ミフラーブは イスラム教徒が祈りを捧げるメッカの方向を示すくぼみで
     金色の壁には コーランの一部が刻まれているそうです。
     マクスラは ミフラーブのある空間

     コーランが刻まれ モザイク模様が・・
     メスキータ ミフラーブの壁 2016 3・26

     枢機卿の小聖堂に置いてある 金の塔
     メスキータ 金の塔 2016 3・26

     ここを抜けて カテドラルへ
     絵画や彫刻品が沢山ありました。
     メスキータ礼拝堂① 2016 3・26
     メスキータ礼拝堂② 2016 3・26
     メスキータ礼拝堂③ 2016 3・26

     天井も見事
     メスキータ礼拝堂⑤ 天井 2016 3・26
     大聖器室の東隣にある聖具室
     メスキータ礼拝堂⑦ 2016 3・26
     メスキータ礼拝堂⑥ 2016 3・26

     中央礼拝堂の主祭壇

     1236年 6月29日コルトバ再征服を完了させた フェルナント3世(聖王)
     の命によって メスキータ全域が キリスト教の寺院として聖別され
     1239年 サンタ・マリア・マドレ・デ・ディオス(神の母なる聖マリア)の
     大聖堂と生まれ変わった。
     メスキータ礼拝堂⑧採暖 2016 3・26
     中央交差部(クロッシング)
     メスキータ礼拝堂⑩ 天井 2016 3・26

     ステンドグラス
      メスキータ礼拝堂⑪ ステンド 2016 3・26
     聖歌隊の席があるところ
     メスキータ礼拝堂⑫ 天井 2016 3・26

     ここを出て 散策です。

     メスキータの北側に広がる 迷路のよう道が入り組んでいる地域で
     小路ごとに 様相をかえる白壁の街並


     コルトバ 景色① 2016 3・26
     花の小路
     コルトバ② 花の小道 2016 3・26
     ミヌレットの見える 小さな広場
      コルトバ③ ミヌレット 2016 3・26

     白い壁には 花鉢が飾られています。
     各家には アンダルシアの暑い夏を快適に過ごすために「パティオ}
     が授けられています。
     コルトバ④ 2016 3・26
     コルトバ⑤ 2016 3・26
     コルトバ⑥ 2016 3・26

        一番興味深かった街 「コルトバ」
        5月に行われる「パティオ祭り」では コンクールに
        参加した家々の中庭が一般公開され また アマチュアの
        フラメンコグループが 歌や踊りを披露するそうです。
        昨年は 2015年 5・4~ 5・17開催 今年(2016年)は5・2~5・15まで
        60件近くのパティオがあるらしいので 見応えありでしょうね。

            今回は あまりパティオみませんでしたが セビーリャでは
            沢山観ました

            きっとお花がきれいでしょうね。
        散策をおえたので スペインの新幹線で マドリードに向かいます。

       コルトバ駅
      コルトバ駅① 2016 3・26
       マンホールが
      コルトバ駅② 2016 3・26

      コルトバ駅③ 2016 3・26
   
       コルトバ~ マドリードまで乗車時間 2時間半くらい
       喉をしめららせておきましょう
      コルトバ駅④ ビール 2016 3・26

       マドリード駅到着
      マドリード駅 2016 3・26

        ③-3 コルトバ メスキータ入場と コルトバ(花の小路)散策
             終わり マドリードまで移動しました。

        ④-1につづく
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。